小さなお家のキロク

2014年に完成したマイホームでの日常と家計簿を綴ります❤

★ボットリーコーディングロボット アクティビティセットで遊んでみました!

こんにちわ。berryです。

今回はボットリーコーディングロボット アクティビティセットのレビューです!
ドリームブロッサム ファンサイト参加中
対象年齢が5歳以上なので、娘にプレゼントしました。
f:id:berry16:20181104172211j:plain

いざ、開封の儀。
f:id:berry16:20181104172247j:plain
かわいい小窓からボットリーがこんにちわしてます。
f:id:berry16:20181104172335j:plain
アクティビティセットの内容はこんな感じです。

ボットリーロボット本体1体、リモートプログラマー1個、

取り外し可能ロボットアーム1個、コーディングカード40枚、

ボード6枚、ポール(旗用)8本、キューブ12個、コーン2個、

旗2枚、ボール2個、ゴール1個、ステッカーシート1枚


ボットリーとリモートプログラマーに電池を入れて起動させます。
ボットリーの裏側にcodeとlineというスイッチがあるのでそこを操作します。まずはcodeにしました。
f:id:berry16:20181104172831j:plain
codeのモードではリモートプログラマーで入力したプログラムでボットリーを操作することができます。
f:id:berry16:20181104172953j:plain
[前進、前進、前進、発信]で三歩前に進む。みたいな感じで、娘も一度教えると理解して操作していました。

次にlineモードでは付属のカードの上の黒いラインを走らせることができます。
モードを切り替えてボットリーをラインの上に置き頭にあるスイッチを押すと何やら喋りながらお散歩してくれます。
そのお喋りがなんとも愛らしかったです。(笑)
f:id:berry16:20181104173608j:plain
道を外れたところに置くとくるくる回ります。
このように付属のアームを装着するとボールを運んだりして遊ぶこともできます。
その姿もかわいいです。(笑)
lineモードはcodeモードより簡単なのでもうすぐ四歳になる息子も一緒に遊びましたよ。

二人ともとても楽しんでくれました!
codeモードではプログラムの力、考える力がつくと思いましたので、知育玩具としてどんどん遊ばせていきたいなと思います。
かわいいボットリーにみんなニコニコで、大人でも楽しめました。

みなさんもクリスマスプレゼントにいかがですか??

では。
最後まで読んでくださりありがとうございました!
またのご訪問お待ちしております(^^)



読者登録お願いします。


にほんブログ村テーマ モニプラへ
モニプラ
にほんブログ村テーマ これ!当選しました~♪へ
これ!当選しました~♪